運用できなくなった投資マンションは早めに売却しよう

男の人

家賃収入を安定させるには

積み木

滞納保証システムがお勧め

所有している不動産を賃貸物件として経営する場合は、賃貸保証会社の利用がおすすめです。この賃貸保証会社というのは、入居者による滞納があった場合、その分を保証してくれる会社です。まず入居の際に、入居希望者の審査があり、過去に家賃滞納がある人は、大抵審査で落とされます。そして入居者は、賃貸保証会社に保証料を支払います。オーナーは保証を受けられるので、もし入居者が滞納しても、家賃収入を受け取ることができますので、賃貸経営による収入に影響が出ることはありません。また滞納した入居者には、督促が行く仕組みになっています。もし入居者が、何度にもわたって滞納を繰り返した場合は、強制退去となります。最近では賃貸管理会社の方で、この賃貸保証会社を兼ねていたり、あるいは賃貸保証会社と契約したりしている所もあります。ですから、まず管理会社を探す段階で、この賃貸保証会社も頭に入れて探すようにするといいでしょう。また管理会社によっては、一括で借り上げをしてくれることもあります。借り上げとなった場合は、空室の分の家賃も保証してくれます。ですから経営している物件に空室が多い場合は、借り上げも視野に入れるといいでしょう。ただしこの場合は、敷金や礼金、そして契約更新料は、オーナーの収入にはならず、借り上げをする会社の収入となります。また家賃収入も、通常の賃貸保証契約よりも少なめになりますが、すべてを一括でまかせたい場合には、かなり便利なシステムといえます。