運用できなくなった投資マンションは早めに売却しよう

男性

家賃収入を安定させるには

不動産を賃貸にする場合は、賃貸保証会社と契約すると、入居者の家賃滞納分を保証してもらえます。また入居者は審査があり、家賃滞納をした人は落とされてしまいます。最近は管理会社が賃貸保証をすることも多いです。さらに一括借り上げにすると、空室分も保証してくれますが、収入がいくらか少なめになります。

多くの賃貸経営者が利用

婦人

家賃債務保証サービスは、基本的に入居者と保証会社との間で契約となりますので、賃貸オーナーさんには保証料負担などの経済的負担はありません。また、家賃回収に関する管理業務も保証会社が行う為、労力が軽減されるのも魅力です。

引き際を選んで現金獲得

マンション

利益を得た上で現金化

投資マンションを購入して運用を行った後で売却するという流れは一般的によく行われています。投資マンションの運用として通常は賃貸を行って家賃収入を得ることにより利益を生み出していますが、それを終えた上で売却を行えばさらに大きな現金収入を得られるでしょう。それが最大の理由ですが、この背景もよく知っておくことが大切です。投資マンションを運用して手に入れた利益の一部あるいは大半が購入費用にあてられているのが一般的であり、マンション投資を行うときの基本的な形とされています。初期投資額はそれほど大きくなくても良いのがマンション投資であり、ローンを組んで残額は家賃収入から賄うことができるのです。そのため、投資マンションを売却することで得られる利益が初期投資額を超えていれば大きな収入が得られるという考え方を持つことができます。一方、売却することによって賃貸経営を終えることができるのも重要な理由です。投資マンションは一生使用できるとは限らず、だんだんと老朽化が進んでしまうと共に設備なども古くなってしまうでしょう。それでも経営を続けていくためには大規模修繕を行ったり、大きな設備投資をしたりする必要が生じます。その前を引き際として売却してしまえば利益を上げやすい期間だけを活用して投資を行うことが可能です。まだ入居希望があるうちを引き際にすれば買い手も見つかりやすく、速やかに現金化して利益を最大化できるでしょう。

地域の特徴を把握しよう

レディ

収益物件に投資をする時は、地域の特徴を知る必要があります。大阪の主要駅の近くは投資家が収益物件を購入している場合も多いです。ライバル物件の動向を知ることは、大阪で収益物件で高い競争力を得る上で大切です。